【重要】太りやすいお酒と太りにくいお酒を知っておく

「太りやすいお酒・太りやすいにくいお酒」この辺の情報は夜の仕事やってればなんとなく聞いたことあるはずです。

 

酔ったお客さんが延々ダイエットの話しをするなんてこともありますし、お酒が大好きなお客さんは一生懸命教えてくれたりするもんです。(笑)

 

夜の仕事を頑張る女の子なら、ほぼ毎日お酒を飲む仕事をしているわけですからどのお酒が太りやすいのか?の知識くらいは持っておいて損は無いはずですよね。

 

このページでは、あらためて「どんなお酒が太りやすいのか?」という部分をおさらいしていきたいと思います。

 

 

お酒の種類をおさらい

太りやすいお酒とか太りにくいお酒って、製造過程によっ分けられるお酒の種類によって決まります。

 

蒸留酒とか醸造酒って聞いたことあると思います。これらは作り方が違うのですが、作り方が変わることで太りやすい物質が残るか残らないかが変わってきます。

 

つまり、太りにくいお酒を選ぶときはこの作り方の違いを抑えておくと分かりやすくなります。

 

お酒は大きくわけると3種類しかない

 

お酒を分類すると蒸留酒と醸造酒と混成酒の大きく3つに分けられます。

 

醸造酒

糖類や穀類を発酵させてつくる一番歴史のあるお酒。
飲みくちや風味が豊かだけど不純物(糖質)が多く太りやすいのが特徴。

 

ビール、日本酒、ワイン、紹興酒・・・etc

 

 

蒸留酒

醸造酒を蒸してアルコール度数を高めたもの
アルコール度数は高いが不純物が少なく太りにくいのが特徴

 

焼酎、ウォッカ、ラム、ジン、ウイスキー・・・etc

 

 

混成酒

醸造酒や蒸留酒にいろいろな味付けをしたもの
味もアルコール度数も様々だけど、不純物が多いのが特徴。
一番残りやすいし太りやすい。

 

リキュール、カクテル、梅酒・・・etc

 

 

太りたくないなら蒸留酒

アルコールを飲んで太る原因は大きく分けて2つだけです。

 

  1. アルコールと一緒にカロリーのある不純物(糖質)を摂取する
  2. アルコール分解に忙しくて消化、吸収、分解が疎かになる

 

なので、太りにくいお酒を選ぶときは「不純物の少ないもの」そして、「アルコール分解の早いもの(残りにくいお酒)」を選ぶ必要があるんです。

 

 

醸造酒、蒸留酒、混成酒この3種類のお酒のなかで、不純物が少なくて最も太りにくいのは焼酎やウォッカ、テキーラなどの蒸留酒です。

 

アルコール度数が高い=太りやすいではない。

焼酎やウォッカ、ウイスキーやテキーラなどアルコール度数が高いものはカロリーが高くて二日酔いになりやすいと誤解する人も多いのですが、カロリーが高くなる原因はアルコールではなくて一緒に含まれる糖分です。

 

ビールや日本酒といった醸造酒は糖分を原料にして発酵させるお酒なので、アルコール度数は低めで口当たりがよく美味しいと感じるようになっています。

 

しかし、口当たりの良さや美味しさ=糖分なので太りやすいお酒であると同時に分解に時間がかかるので翌日まで残りやすくなってしまいます。

 

 

逆に焼酎やウォッカは醸造酒を過熱して余計な不純物を取り除いてできるアルコール純度の高いお酒なので、口当たりは悪くなりますが、その分太る原因となる不純物が含まれていないので太りにくいのです。

 

美味しくはない(口当たりが悪い=糖分が少ない)お酒ですが、ダイエット中なら絶対に蒸留酒を選ぶべきですね。

 

アルコール度数の高さはお湯割りや水割りなどでいくらでも調整が可能なはずです。

 

 

「太りにくいお酒」まとめ

 

アルコール度数が高い=太るではない

一番の太る原因はお酒に含まれる糖分です。

 

太りにくいお酒なら不純物の少ない蒸留酒!

蒸留酒は不純物を取り除いてアルコール度数を高めたお酒です。

 

アルコール度数は高いですが、糖質などがほとんどないので太りにくいお酒です。

 

ストレートで飲むのは肝臓が疲れて太る原因になりますから、お湯割りやチェイサーなどでかならずアルコール度数を調整するようにしましょう。

 

(蒸留酒:焼酎、ウォッカ、ウイスキー、テキーラ・・・etc)

 


9キロのダイエットに成功した私のおすすめサプリ!

お酒を飲む女の子におすすめ

カロリナ酵素

カロリナ酵素プラス

お酒をたくさん飲むとアルコールを分解するのに忙しくなって肝心の脂肪燃焼する働きがおろそかなっちゃいます。

アルコールの分解に大事な体内酵素が消費されて脂肪を消化・分解する酵素が不足します。

「運動をしない」「毎日お酒を飲む」こんな人が痩せるためには体内酵素だけが頼みの綱です。

酵素不足を防ぐためにも外から酵素をしっかりと補いましょう。

>【カロリナ酵素】を見てみる<